トリニティ数秘術の特徴

トリニティ数秘術は、カバラ数秘やピタゴラス数秘よりも古いとされているカルデアン数秘をベースにした数秘術です。生まれてすぐについた名前と生年月日の数が表す波動を読み解くことにより、さまざなことがわかります。それは、あなたの使命、今世の目的、魂のブループリント(青写真)、もって生まれた性質、カルマ、ポテンシャル(潜在能力)などです。

 

世界には多種多様な数秘術があります。それぞれに良いところがあると思いますが、私がリーディングで採用しているトリニティ数秘術の特徴を以下に記述します。

 

✡トリニティ数秘術の大きな特徴✡

 

①一般的な数秘術が11、22、33をマスターナンバーとするところを、11から99までのゾロ目+100をマスターナンバーとして、高い波動を繊細にリーディングします。

マスターナンバーを持っていると崇高だとか、立派であるということはありません。持っている数字を体現していないこともありえます。エネルギーの振動が大きい(高い)ために、困難な体験をしたり、人生でチャレンジが多い場合があります。

11~100のマスターナンバーを読み取ることで、ご自身のポテンシャルを知ったり、今生の目的を知って新しい人生を切り開くきっかけになったかたもいらっしゃいます。

 

②一般的な数秘術で使用する西暦だけでなく、日本の元号の生年月日も使用して、個人としての今回の人生での学び(西暦)と、日本の社会の中における学び(元号)をリーディングします。そのため、より幅広く今世の目的を知ることができます。

 

③チャート作成の際、本来あなたが持っている数字を、波動を読み取りながら直感で足し算していきます(秘儀です)。あなたの波動が変化すれば、数字も変化します*。そのため、導き出される数字は固定的なものではありません。また、途中に出てくる数字や、くり返し見つかる数字を重視します。

*名前や生年月日等のトータル(合計)数は変わりません。

 

④名前のアルファベット変換は、一般的に使用されているピタゴラス方式ではなく、カルデアン方式に岡田歩さんの考えをプラスしたものを採用しています。この、カルデアン方式を用いていることも大きな特徴で、大変納得がいくと多くのかたにご好評をいただいております。

 

⑤これはトリニティ数秘術の特徴というよりは、私のやりかたについてですが、お客様の良い部分・素晴らしい部分を最大限、このリーディングで見つけてまいります。

 

 

・・・以上、私のリーディングする数秘術は、簡単に書くとこのような特徴があります。

何か気になる、ピンときた!など、ご縁がありましたら、お申込みをお待ちしております。